安い費用で経営できる

安い費用で経営できる

安い費用で経営できる バーチャルオフィスとは、実際に事務所を構えないで会社に必要な機能を提供してもらい仕事を行えるサービスのことを指します。
事務所の家賃を払わずに都心一等地の住所も利用可能なことから、個人事業主や起業家を中心に高い人気を誇ります。
現在では認知度も高まっていますが、利用方法をよく分かっていないという人が多いです。
しかし、運営のノウハウが何もないのに「自社ビルを所有している」という安易な理由で参入する不動産会社やレンタルオフィス運営会社があとを絶ちません。
軽い気持ちで参入した業者が、何年後かに顧客のことも考えずに突然の値上げや閉鎖等をするケースも少なくないのです。

バーチャルオフィスには機能に合わせたプランがいくつか用意されていて、電話番号(転送)・FAX番号・郵便物の受取・法人登記・倉庫・物流等の機能が利用可能です。
また、一般的に都内のマンションの一室を事業用に借りる場合、家賃・敷金・礼金・仲介手数料・火災保険料・光熱費・保証会社・家具等の費用が必要となり、年間で190万円程度のコストが発生します。
もしも本格的な事務所を借りるとなれば、300万円以上は必要となります。
これがバーチャルオフィスであれば2万円程度で済み、実に100分の1の費用でオフィスが経営できます。
このように、費用が安くて済むバーチャルオフィスは、今後ますます注目を集めることが予想されます。

本社所在地をバーチャルオフィスで借りた住所に設定する

本社所在地をバーチャルオフィスで借りた住所に設定する 企業は取引先と業務の事でやり取りしなければいけない場面が多々あります。
顧客が企業に連絡が取れるようにしておく事で信用を得られるようになります。
バーチャルオフィスは、そのような連絡手段を提供してくれるサービスがあり、住所や電話番号の貸し出しを実施していますので、バーチャルオフィスで貸し出される住所や電話番号を本社の所在地として利用する事が可能です。
取引先や消費者には連絡先がある事で安心感を与える事ができ、信頼を築き上げる為には必要です。
バーチャルオフィスは、会議室やオフィススペースの貸し出しなどを主に行なっていますが、住所や電話番号の貸し出し、電話代行などといったサービスを組み合わせる事で事務所機能を実現させる事が可能です。
これらの物を一から用意するのは、なかなか時間的にも金銭的にもかかってきますので、効率良くスタートアップして事業を軌道に乗せるようにするにはサービスを最大限に活用するのが近道です。